家族葬を行うデメリットはあるのか

家族葬を行うにあたって、たくさんのメリットがそこにはあるといわれています。
だからこそ、家族葬が選ばれているのでしょう。
とはいえ、何事にもメリットとデメリットというものがあるものです。そこで今回は、家族葬にたいするでめりっとについて考えていくことにしましょう。

弔問に訪れる人たちに対して

家族葬は家族親類で基本的には送り出すことが出来ます。
精神的な負担を軽くして送り出すこともできますし、自由度も高いものといえるでしょう。
ただ、故人に手を合わせたいなどと言ういわゆる弔問者が訪れた場合にはその対応というものが必要となってきます。

一般的な対応であれば問題ないかもしれませんが「参列したかった」などと言われてしまうかもしれません。
万が一のためにもそうした際の対応を考えること・故人の生前における付き合いなどを考えておくことも大切といえるでしょう。

当日参列者について

家族葬を行うに際し、当日に「参列したい」と申し出る方もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合、お断りするのはあまりおすすめできません。
ですので参列をしていただくという形になります。
そうなると、返礼品・お料理の手配などに追われてしまう事もあるのです。

金額的な負担について

家族葬そのものの金額は一般的なものよりも少ないのですが、お香典の総額はどうしても少なくなります。
そう考えた時、トータル的に考えた時に家族葬のほうが負担額が多かったなどという事もあるかもしれません。

デメリットについても考えておくこと

今回は、家族葬に対するデメリットについていろいろと考えていきました。
あらかじめ考慮をしておくことによって対処できることばかりかと思いますので把握しておくとよいでしょう。

関連する記事