家族葬にはマナーがあるのかについて

家族葬は故人の意思も尊重しやすくそして自由な形で進めていただけるものとなっています。
現代社会にマッチしたお葬式の形ともいえるでしょう。
とはいえ「マナーは何もない」というわけではありません。
そこで、今回は家族葬に対するマナーを考えていくことにしましょう。

参列者に対しての考え方

一般的な家族葬の形は、参列者は「直系の家族」「故人の子供の家族」「故人の配偶者の家族」「故人の兄弟姉妹」までという形となっています。
より簡単に言えば、二親等までの親族・二親等以外ですと同じ情緒で生活をしている親族が参列をするという事になるのです。

この時、それ以外の方々への対応は以下のようなものになります。
・葬儀は近親者のみで行うという事を伝える。
・弔問や弔電、お花やお香典に関しては辞退をすること。
これを角が立たない形を伝えていただければと思います。

こうした対応について各葬儀社が行ってくれるという事もありますので相談をして見るのも良いでしょう。

お香典に対する考え方について

家族葬であっても、お香典を渡したいという声もあるかもしれません。
しかし、一般的なマナーとしてはお香典は「辞退をする」というのがマナーとなっているのです。
もし、受け取るのであれば受付対応から香典返しなどが必要となってきます。

お断りをする場合には「故人の意思により」という事で伝えるのが良いでしょう。

マナーについて知っておくこと

今回は、家族葬にともなうマナーについて考えていきました。
近親者のみで行う家族葬であっても、マナーというものは存在するものなのです。
こうした部分も抑えつつ、執り行うように心がけていただければと思います。
なお、先のような説明については各葬儀社が行う事もあるでしょう。

関連する記事