家族葬を行うメリットについて考える

1つのお葬式の形として提案をされている「家族葬」。
以前からあった形ではありますが、近年では特に注目をされるようになりました。
そこで、ここでは改めて家族葬を行うことに対するメリットについていくつか見ていくことにしたいと思います。

静かに送り出せるという魅力

家族葬は、家族親類を中心とした人たちのみで行われるお葬式です。
これは、参列者に対しての心配りや準備さらには挨拶といったことをする必要がないのです。
先のような事柄は、精神的にはもちろんのこと、体力的にも負担となりやすいものでもありますので対応に追われて故人を偲ぶ余裕がなくなってしまう事もあるでしょう。
しかし、家族葬であれば余裕をもって送り出すことが出来るのです。

金銭的な負担が少ないという魅力

参列者が少ないこと・規模を小さくするほどに葬儀にかかる費用は抑えられるといわれています。
例えば、豪華な祭壇や参列者への食事の準備さらには香典返しなどがかかってきてしまいます。
トータルすると驚くような金額になるというケースも少なくないのです。
しかし、家族葬であれば先のような金銭的な負担を少なくすることが出来るのです。

自由度をもって送り出すことが出来る

葬儀内容においても自由なものを取り入れることが出来るのです。形式にとらわれることもありませんので、残された人たちの思い・故人の重いというものを形にしていただくことが出来るのです。

さまざまな魅力がある家族葬

今回は、家族葬を行う事の魅力について見ていきました。
改めて見てみると、たくさんの魅力がそこにあるということが見えてくるかと思います。
これから先のことを考えた時、こうした形を取り入れるというのも良いのではないでしょうか。

関連する記事