なぜ家族葬が選ばれるのかについて

家族や親せきばかりではなく、会社関係から近所の方までさまざまな人が訪れるというイメージの多いお葬式。
しかし今では家族葬という形が注目をされているのです。
家族親類のみで行うというこの家族葬がなぜ注目されているのかについて見ていくことにしましょう。

高齢化と家族葬の関係性

家族葬はここ数年で増えています。
その理由としては「高齢化社会である」という事が1つの理由となっているようです。
会社などを退職してからの時間が長くなるということは、それだけ社会のつながりもどうしても薄くなってしまうものです。
こうした理由から、家族葬を選択するという事もあるようです。

人間関係と家族葬について

またいわゆる「高齢」になってくると、友人知人が他界されていたり、入院をされていたり自分自身だけでは動けないなどという事もあるかもしれません。
これは、お葬式に参列できる人数が少数になってしまう要因にもなるのです。
こうした要因もまた、家族葬を選ぶ理由となっています。

精神的負担と家族葬

送り出す側としては、やはり「訪れる人への対応」や「誰に報告をするのか」などといった義理や礼儀というものを考慮しなくてはなりません。
こうした精神的負担を取り除きたいという意味合いから家族葬を選択する場合もあるでしょう。

故人の遺志と家族葬

身内だけ・家族だけで静かに送り出してほしい。
そのような意思を持つという方も増えています。その意思を形にできるお葬式が家族葬だというわけです。

さまざまな理由で選ばれる家族葬

今回は、家族葬がなぜ注目をされるようになったのかについて見ていきました。
さまざまな理由や背景がそこにあるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

関連する記事