オリジナルのお葬式ができる【家族葬】

近年、メディアなどで取り上げられている「家族葬」というものはご存知でしょうか。
お葬式のことなんて今の自分には関係ない。
そう思われる方も多いかもしれません。しかし、こうした知識を持っておくのもまた大切なことといえるのではないでしょうか。
そこで、ここでは家族葬について見ていくことにしましょう。

まずは知っておきたい家族葬について

お葬式最初にその概要について触れていきたいと思います。
家族葬とは簡単に言えば「家族もしくは親類だけで執り行うお葬式」のことを指します。

家族のみで気兼ねなく執り行うこともできますし、また個人の意思を尊重できるというのもまた大きな魅力といわれているのです。

家族葬は特別なことなのか

お葬式の形というものも多様化しています。
その中の1つである家族葬は「特別なもの」ではないのです。
一般的なお葬式と流れは変わりません。
ただ、参列者となるものが家族もしくは親類の視になるという点のみがことなるところといえるでしょう。

流れとしては、喪主となる人が参列をしてほしい人・故人の意思と関係している人に連絡を取り、内容を決定し進めていくことになります。
参列者に対する挨拶もまた一般的なものと同様に行われています。

自由度が高い家族葬

先にも触れましたが、家族葬は非常に自由度が高いものとなっています。
だからこそ、迷ってしまう・決めるのに戸惑いを感じてしまうという不安の声もあるかもしれません。
上記のような部分においては、各葬儀社がプラン提案を行っていたり、相談に乗っていたりという事もありますので取り入れていくとよいでしょう。

さまざまな形を選択できる家族葬

小さな葬儀シンプルで費用を抑えたものもを執り行うという家族葬が多いようではありますが、そればかりではありません。
格式があるものや華やかなものなど様々なプランが提案されているのです。

また、プランの中でも物足りないですとか故人の意思をもっと取り入れたいという場合には「オプション」という形で追加していくことが出来る場合も多いので悔いのない形をとっていただけることでしょう。

具体的なプランについて

プランについては、各葬儀社によってさまざまではありますが、代表的なものをいくつかピックアップしていきましょう。

まずは通夜告別式を身内だけで行うという非常にシンプルなプランです。
そればかりではなく、通夜告別式は不必要と考えることもあるかもしれません。もしくはそれが故人の意思であることも近年では多いようです。
このような場合は、「直葬」といわれる火葬のみを行うというものもあるのです。「1日葬」などと呼ばれることもあるでしょう。

家族葬と一般的な葬儀の価格について

一概には言えませんが、総体的に考えると家族葬のようが費用という部分でも抑えられるといえるでしょう。
こうした金額的に負担が少ないこともまた選ばれる理由であり故人が望んでいることであるケースも少なくありません。

詳しい価格帯につきましては、各葬儀社に相談をしていただくのがベストといえるでしょう。
今ではインターネットを利用して算出できるものもありますので取り入れてみるのも良いかと思います。

自由で満足できる家族葬という形

今回は家族葬について見ていきました。
自由度が高く、そして精神的にも価格的にも負担が少ない1つのお葬式の形であるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。
最期を見送る大切なセレモニー。できれば故人の意思を尊重したいものです。
もし、このような意思をもっているのであれば家族葬という形でお見送りをするのも良い方法といえるでしょう。
誰しもが迎える事柄ですから、今から考えておくのも大切なことかと思います。

家族葬なら「花葬儀」
■https://www.hana-sougi.com/plan/kazokuso/